引っ越し 荷物 預かり

荷物の一時預かりなら、引っ越し業者のトランクルームサービス

自宅の建て替えイメージ

 

自宅を建て替えることになったり、転勤や留学などの際、家財道具をどうしたらよいか迷ってしまいます。そんな時に役立つのが「引っ越し業者のトランクルームサービス」です。
引っ越し業者は、たいていトランクルームを所有しているか仲介役をしているので、こうした引っ越しの際の荷物を、一時預かりするのに利用するととても便利です。

 

なぜ、引っ越し業者のサービスを利用すると便利なのかというと、トランクルームサービスとセットで申し込むことで、一つ一つ別々の業者に依頼する手間が省けるのとともに、別々に依頼するよりも比較的安い価格でサービスを受けることができ、なおかつ、重い荷物も全て業者が丁寧に運んでくれるからです。
サービスは、旧住まいから仮住まいへの荷物の移動と、仮住まいから新居への荷物の移動、また、トランクルームへの荷物の一時預かりがセットとなっているところがほとんどです。このトランクルームの荷物一時預かりサービスは、大手の引っ越し業者ではたいてい行なっています。

 

こうした引っ越し業者を一つ一つ探して料金を見積もりしてもらうのは骨の折れる作業です。だからといって料金を比較しないと、料金はかなりの差がつきます。そこでおすすめなのが引っ越しの一括見積もり。

 

クロネコヤマト、日通、アート引越センター、サカイ引越センター、アリさんマークの引越社など大手が勢揃いしています。

 

トランクルームといってもさまざまなタイプがあり、屋内型の預かり環境の整っている倉庫もあれば、屋外型で夏は高温、冬は低温になる預かり環境の良くない倉庫もあります。それによってトランクルームの料金も変わってきます。もし、トランクルームを自身で依頼するとなると、何件もある業者からトランクルームの預かり環境や料金、大きさなどを聞いて比較しなければならなくなり、また荷物は自分で運ばなければならないので、時間と労力が掛かります。
その点、引っ越し業者のサービスを利用すれば、重い家財道具の移動もしてくれるうえ、同業社に勝つためには、より良いサービスをより良い価格で提供することで、お客様を獲得したいと考えますから、複数社を比較検討することで、サービス価格も比較的安価になる可能性もあります。

 

このような理由から、引っ越しなどの荷物の一時預かりには、引っ越し業者のトランクルームサービスを利用することをおすすめします。

 

※ この記事は、下記サイトの情報をもとにしています。より詳しい内容は、リンク先をご確認ください
引越し中の一時預かりサービス
http://www.xn--u8jxa8mz64p9s9b4gn.com/

引っ越し荷物の一時預かり。家電、家具など家財を保管できるサービス

 

 

家財の長期預かりならトランクルーム専門業者がおすすめ

荷物の一時預かりには引っ越し業者のトランクルームが便利ですが、例えば長期に渡る出張や留学で、家を引き払って家財一式を1年以上保管してほしい。そんなケースもありますね。

 

また、引っ越しのタイミングだけではありません。家の収納スペースには限りがあるため、物が増えすぎた時には処分の検討を始める人も結構増えています。

 

季節家電であったり趣味で集めたアイテム、子供の成長を記録した写真やホームビデオなど、今すぐ使わなくても将来に残しておきたいものはたくさんあります。そうした家財は処分してしまうのではなく、トランクルーム専門業者の運営するトランクルームを利用して預かりを行うことができます。

 

大手のトランクルーム専門業者を例に上げると、キュラーズ、ハローストレージ、加瀬のレンタルボックス、オレンジボックス、押入れ産業など。また地域密着型も多数あります。

 

トランクルームはただの物置ではなく、温度を一定に保つようになっていますし、湿度も調節が行われています。このため長期間家財を預かりしておいても傷むことがありません。セキュリティ対策もしっかりと行われており、盗難の心配もいらないのが特徴です。

 

トランクルームを提供している業者によって料金設定に違いがあり、預ける家財の種類によって細かく値段が決まっているところもあれば、荷物量で価格が決まっているところもあります。そして、梱包や搬出搬入も行ってくれる業者もありますから、大きな荷物を運びたい時でも楽に預かりすることができます。

 

預けることができない家財もありますから、事前に確認が必要です。特に管理が難しい楽器類や美術品は、預かりが可能だときちんと謳っているところにお願いするべきです。一定の温度や湿度に保たれていても、家具や洋服などには適していても楽器や美術品には湿度が高すぎたり乾燥しすぎたりしていることはよくあります。トランクルームごとに設定を変えられるのであれば、専用にひとつ借りて調節すれば問題ありませんが、調節できない場所に手入れをしないで長期間保存しておくと歪みやひび割れなどの影響が出て、良くない状態になりかねません。

 

収納したいものに合わせたスペースを確保するため、色々比較して決めると良いです。

トランクルームの預かりには、カビ対策のための湿度・温度管理がポイント

トランクルームで収納物の預かりに大切なのは湿度です。引っ越し、建替え、リフォームにおける家財の一時預かりなどで利用される方も多くいますが、夏の湿気で洋服や書籍などにカビが生えてしまったり、冬の乾燥で家具や車のタイヤがひび割れを起こしたりすることがあります。湿度が75%以上になるとカビが発生しやすくなります。温度や湿度の管理がなされていないトランクルームで大切な楽器や衣類などにカビが発生していたというケースもあります。

 

温度・湿度の管理

 

そうした事態を発生させないためには空調システムのしっかりした倉庫を利用することが大事です。除湿機能のついた冷暖房空調設備が完備されたところなら、書籍や書類などにもカビが発生する心配がありません。

 

トランクルームには屋内型と屋外型のコンテナタイプがありますが、それぞれ環境がまったく異なります。屋内型のトランクルームなら温度や湿度の空調設備が整います。しかし、コンテナタイプでも収納の仕方や内容、期間によっては安全に預かりすることも可能です。屋内型のトランクルームを借りる場合、温度管理よりも湿度管理や換気がしっかりされているかをチェックしましょう。また、設備が整っていても、24時間作動していない業者も稀にありますので注意が必要です。

 

衣類のカビや虫食いを防ぐためにはクリーニングに出してから収納するようにしたり、衣類だけでなく収納する荷物にはスノコを下に敷いて置いたり、荷物と荷物の間にすき間を空けておくなどの対策をとりましょう。衣類に汚れがついているとカビが発生しやすくなり、荷物を直接友花や壁に触れた状態で収納していると暑い日には建物の温度差によって湿気が発生する場合があります。空調設備に頼らず、自分でもできるカビ対策を施すことでより安全に預かりすることができます。

 

ただし、引っ越し業者のトランクルームは、短期間の荷物預かりを目的としているため、保管期間中、倉庫内に出入りできない業者もあります。短期間ですので、あまり神経質になる必要はありませんが、大切なモノは自身で保管することなども検討してもよいでしょう。