建て替え 仮住まい

近場に仮住まいを見つけるのが一番!

家を建て替える時、建て替えの間にどこに仮住まいを構えるか、どのような仮住まいを選ぶか、悩みがちと思います。

 

まず、建て替え中の家を定期的にチェックしに行き易い、敷地の近くに仮住まいを見つけるのが一番です。たびたび建て替え中に現場の方々に差し入れを入れたりすることで、現場の方々と交流を持っていくことは、見えない気遣いではありますが、お互いの印象が良くなり、知らず知らずに現場の方々もより良い家を作ろうと頑張れるものです。

お金は払ったんだから、間違えなく建ててもらえるのはもちろんです。家という、一生住んでいくところに、良い気運を運びたいと誰もが思うものです。その家をただの仕事として建てていくのか、気持ちよく建てていくのかでは、見えない何かが違うものでしょう。建ててから風水を気にするくらいであるなら、建てている最中も良い気分で建ててもらいたいものです。

 

また、荷物を持ち運ぶのにも、近場の方が便利ですよね。

引っ越し業者に一手に任せてしまうといっても、やはり、手で運びたいもの、というものは出てくるものです。遠くに引っ越しをするなら仕方がない部分もありますが、近場であれば、自分で行き来しながら多少運び込むことができます。そうすることで、引っ越しの費用も節約出来ますし、大切なものが壊れてしまうような不祥事も防ぐことが出来ます。また、包装をして、また包装を解く、という面倒も省くことが出来ます。

 

家を建て替え中の家族

 

それから、引っ越しをするのではなく、建て替えの期間だけ、敷地を離れるわけですから、近所づきあいなども、近場の方が便利ですね。特に、お子さんがいる場合は通学や通塾にも影響が出てくるので、近場の仮住まいを探した方が、生活環境も余り変らずに過ごせるものです。